平衡点


2011/06/14

_ 近況.

えっと書こうと思ってる記事は沢山あるのに, 暇が...

そうそう OSC Hokkaido 2011 行ってきました. その感想を旬なウチに書かなきゃ, とか思ってましたけれど駄目そうな悪寒...

やっぱり私は北海道好きですね. はい.


2011/06/27

_ 第48回関西Debian勉強会

第48回 関西Debian勉強会でした. 私は svn-buildpackage/git-buildpackage について簡単にしゃべってきました.

git-buildpackage の patch-queue ブランチについては, やっぱまだ上手く使えてません.

そのうち良い事あるかな, とか思っています. 尊也さんが参加できるようになったら bzr-buildpackage の話をしてもらうつもりなので, その時にもっと深追いできると良いな, とか思っています.

zsh の RPROMPT の設定とか

水野さんに聞かれたので, メモはっとく, など. zsh の右プロンプトに今いる VCS のブランチ名なんかを表示する設定です. zsh 使いにとっては既に常識だと思っていたのですが, 水野さんが知らないとは驚きでした.

私はついでに schroot している場合に表示を追加しています.

# 今いる chroot の情報を /etc/debian_chroot から取得
chroot_info() {
    chroot=$(cat /etc/debian_chroot 2>/dev/null) || return
    echo "${chroot}|"
}
# 今いるディレクトリの VCS 情報を取得
if [[ $ZSH_VERSION == (<5->|4.<4->|4.3.<10->)* ]]; then
    autoload -Uz vcs_info
    zstyle ':vcs_info:*' formats '%s:%b|'
    zstyle ':vcs_info:*' actionformats '%s:%b%a|'
    vcs_prompt_info(){
        LANG=C vcs_info
        [[ -n "$vcs_info_msg_0_" ]] && echo "$vcs_info_msg_0_"
    }
else
# vcs_info が使えない場合には git だけ.
    vcs_prompt_info() {
        ref=$(git-symbolic-ref HEAD 2> /dev/null) || return
        echo "git:${ref#refs/heads/}|"
    }
fi
## prompt の設定
autoload -U colors
colors
# 被る時は右プロンプトを消す
unsetopt promptcr
# 環境変数をプロンプトに展開する
setopt prompt_subst
# 右プロンプトを設定
local dirs='%B%{$fg[white]%}%(5~,%-2~/.../%1~,%~)%b%f'
local chroot='%B%{$fg[green]%}$(chroot_info)%f'
local vcs='%B%{$fg[red]%}$(vcs_prompt_info)%f'
# 右プロンプトを設定 -- chroot|vcsinfo|pwd という表示
RPROMPT=$chroot$vcs$dirs

こんな感じで.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/02/15
    • 1. org-mode → bemaer での番号付きリスト
  • 2024/01/04
    • 1. 明けました.
  • 2023/12/03
    • 1. TeX on Debian 12 (Bookworm)
  • 2023/11/29
    • 1. GPGで複数の認証鍵がある場合の --export-ssh-key
  • 2023/09/07
    • 1. Wanderlust で返信時にメーリングリストのシリアルナンバを削除するには
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|
Back to Top ▲