平衡点


2018/03/28 [長年日記]

_ LuaLaTeX での日本語フォント指定

以前やった時は上手くいかなかったのだが、今試してみたらすんなり動いた。

環境

Debian unstable, でもって

% dpkg -l | grep texlive-lualatex
ii  texlive-luatex                         2017.20180305-1

で、

% lualatex
This is LuaTeX, Version 1.0.4 (TeX Live 2017/Debian)
 restricted system commands enabled.
**

といった塩梅.

ソース

\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage{luatexja-fontspec}
% \setmainjfont[BoldFont=HiraMinPro-W6]{HiraMinPro-W3}
% \setsansjfont[BoldFont=HiraKakuPro-W6]{HiraKakuPro-W3}
\setmainjfont[BoldFont=KozMinPro-Bold]{KozMinPro-Medium}
\setsansjfont[BoldFont=KozGoPro-Bold]{KozGoPro-Medium}
\usepackage[unicode=true]{hyperref}
\begin{document}

さて、これはどうなることやら。

\end{document}

ヒラギノも小塚も埋め込めました。 前回やった時は、多分 fc-list で出てくるフォント名を入れたんじゃないかな。 フォントファイル名を入れたら幸せになった感じです。

_ Beamer で 16:9

最初に

\documentclass[12pt,dvipdfmx,handout,aspectratio=169]{beamer}

みたいに aspectratio=169 を入れると良い模様。