平衡点


2017/12/17 [長年日記]

_ Debian 9.x (Stretch) での TeX 環境

この記事は「TeX & LaTeX Advent Calendar 2017 の 12/17 分の記事です.昨日「JupyTeX(LaTeX版Jupyter)を作ったでした.

パッケージとして提供されている TeXLive の状況

今年(2017)年6月17日にリリースされた Debian 9.0 (Stretch) のパッケージで提供されている TeXLive は TeXLive 2016 + 2017.01.23 までの更新, となります.

なんかも参考に

% pdflatex
This is pdfTeX, Version 3.14159265-2.6-1.40.17
(TeX Live 2016/Debian) (preloaded format=pdflatex)
restricted \write18 enabled.
**

とか

% platex
This is e-pTeX, Version 3.14159265-p3.7.1-161114-2.6 (utf8.euc)
(TeX Live 2016/Debian) (preloaded format=platex)
restricted \write18 enabled.
**

といった塩梅です.

環境構築

何も考えずに

% sudo apt-get install texlive-full

でも良いですが, 結構なサイズになります (とはいえ,今時数GB程度だと気にならないかと思いますけれど).

個別にインストールする場合は以下の通り.

  1. とりあえず pTeX,upTeX を使えるようにする:

    % sudo apt-get install texlive-lang-japanese

上記パッケージを install することで, ptex2pdf も使えるようになります.

  1. XeTeX, LuaTeX も使えるようにする:

    % sudo apt-get install texlive-xetex
    % sudo apt-get install texlive-luatex
  2. DVI と PDF の Viewer はお好みで:

    % sudo apt-get install evince xdvik-ja

Debian の default デスクトップ環境はGNOME3ですから, PDF の閲覧には Evince を使うのが良いでしょう. 日本語の表示が可能な xdvi, いわゆる pxdvi は xdvik-ja としてパッケージングしています (とはいえ,今なら直接 PDF を閲覧するのが良いと思いますが...).

あとは gs-cjk-integrate と kanji-config-updmap{,-sys} を適宜唱えましょう.

旧バージョンからのアップグレード

今のところ特にハマり所はありません(無い筈). 通常の手段でアップグレードできます.

はまり所.

Debian固有の嵌り所はない, と思います(多分).

「tlmgr 使いたいんですけれど...?」

これまで通り equivs で仮想パッケージを作成した後に, TeXLive 本体をインストールすることになります.

例えば以下の通りですね:

% sudo apt install equivs
% wget http://www.tug.org/texlive/files/debian-equivs-2017-ex.txt
% equivs-build debian-equivs-2017-ex.txt
% sudo dpkg -i texlive-local_2017-1_all.deb

まとめ

以上,駆け足でしたが,現在のStretchでのTeX環境についてまとめてみました.

そんなこんなで.

明日は munepi の予定です.