平衡点


2017/03/13

_ Drupal 8 スタートブック - 作りながら学ぶWebサイト構築

職場の Drupal7 で運用しているサイトを更新する必要がそろそろありそうなのと, 著者が ANNAI さんなので内容も良さげだったので購入.

Drupal 8 スタートブック―作りながら学ぶWebサイト構築(Think IT Books)
ANNAI 株式会社, インプレス, ¥3,300

届いたは良いが, いつ読むのだ, という問題はあるのだが.

_ 関数解析の基礎 上

下巻は手元にあるものの, 上巻がどこにも見当らないので 古本屋で探すなどして購入(引越しの際に散逸したのかなぁ...).

函数解析の基礎 上
コルモゴロフ, 岩波書店, ¥4,700

まあ, 前に読んだのでコレクター的な購入にあたるのかな.


2017/03/16

_ 外付け HDD の設定(Luksでの暗号化)

今迄使っていた外付け HDD が手狭になってきたので 新しく購入.

WD HDD ポータブル ハードディスク 2TB USB3.0 ブラック 暗号化 パスワード保護 ( PS4 / PS4pro 対応) 3年保証 My Passport WDBYFT0020BBK-WESN
Western Digital, ¥10,000

前回購入した時に, いきなり初期不良引き当てたので, いそいそと準備.

以下は暗号化パーティションの作成メモ

% sudo cryptsetup luksFormat /dev/sdb

WARNING!
========
This will overwrite data on /dev/sdb irrevocably.

Are you sure? (Type uppercase yes): YES
Enter passphrase:
Verify passphrase:

パーティション作成は luksOpen した後に gdisk を使うのが楽

% sudo cryptsetup luksOpen /dev/sdb luks1
% sudo gdisk /dev/mapper/luks1

ファイルシステムは...どうしようか悩んだが, とりあえず ext4 にしておいた.

お掃除

% sudo cryptsetup luksClose luks1

あとは nautilus なりなんなりで適当にマウント可能.

現在元々使っていたノートのデータをバックアップ移行中...


2017/03/20

_ LXC でのサービスの分離(1/n)

読んで時の如く.

まあ, ちまちまと進めてきた訳ですが, NFS と MTA(postfix) と Dovecot というお子さん達をどうするのか, という.

  • NFS: client 向けに autofs で $HOME を提供しているので必須
  • MTA: 個々人の Maildir に配送する/適宜 .forward 見て転送する
  • Dovecot: 993 で IMAP over SSL を提供

これを LXC で分離して運用, とか考えている訳です. LXC の bindmount で /home を共有すれば良い, とか思いついたんだけれど, これってどうなんだろうか?

うーむ...


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲