平衡点


2006/10/02

_ debootstrap

書いている最中にバッテリが切れて, 発狂しそうになった. ふん.

Debian の場合の話. 基本的には sarge で動かしてるのだけれど, 幾つかのパッケージは etch とか sid を使いたい(使わねばならぬ) という状況になってきたので, ついに sarge 内で etch を「飼う」事に.

debootstrap が chroot の作成 + base-config までちゃっちゃとやってくれるので 特にはまらず終了.

# mkdir /chroot/etch
# debootstrap etch /chroot/etch http://ftp.jp.debian.org/debian
 : 
 : 
# chroot /chroot/etch /bin/bash
# shadowconfig on
# vi /etc/apt/sources.list
# apt-get update; apt-get upgrade
# apt-get install zsh lv sudo
# adduser uwabami
# apt-get remove …(イロイロ)

で,

# cp /etc/passwd /chroot/etch/etc/passwd
# cp /etc/group /chroot/etch/etc/group
# cp /etc/shadow /chroot/etch/etc/shadow
# cp /etc/sudoers /chroot/etch/etc/sudoers
# cp /etc/hostname /chroot/etch/etc/hostname

とかしておく. 別環境で動かしたいなら上の作業も適宜考えること. あと, 親(sarge) と子(etch) でプロセスとかデバイスは共有するんで, /etc/fstab に以下を追加.

/home/uwabami	/chroot/etch/home/uwabami	none	bind	0	0
/tmp		/chroot/etch/tmp	none	bind	0	0
/proc		/chroot/etch/proc	proc	defaults	0	0
/dev		/chroot/etch/dev	none	bind	0	0

あとは一般ユーザで入れるように, dchroot を導入.

# apt-get install dchroot
# vi /etc/dchroot.conf

etch /chroot/etch # 追加

 $ dchroot  -> etch 環境になる.

…しばらく使ってみて chroot 内では PROMPT 変えたくなったので

# cat 'etch' > /chroot/etch/etc/chroot
 … .zshrc 編集 …
PROMPT=$'%U[%n@%m:%j:%(!.#.%%)%u%B>%b '
RPROMPT=$'%B%(5~,%-2~/.../%1~,%~)%b'
[ -f /etc/chroot ] &&
PROMPT='%U%{$fg[green]%}||`cat /etc/chroot`||%n@%m:%j:%(!.#.%%)%u%B>%b '

みたいに書いてみる. しばらくこんな感じで行こうかと.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲