平衡点


2006/10/23

_ サーバ再起動

生きてました. まあ, 停電後の過電流が怖かっただけなんで, 普通に「プチっ」 といかれただけでは壊れなくて済んだ, という感じで.

…あー良かったー

_ chroot 環境下のコマンドを親から起動

以前, debootstrap で chroot 環境を構築した訳だが. chroot 環境下のコマンドを親から起動しようとしたら

cannot excute binary

と怒られました. じゃあ shell で wrapper 書けば良いよね, という事でしたよ.

#!/bin/sh
#
# chroot wrapper
#

# for zsh
real_shell=${SHELL}
temp_shell=/bin/bash
# wrapper command
command=hogehoge

unset SHELL; export SHELL=${tmp_shell}
/usr/bin/dchroot -d -q $command
export SHELL=${real_shell}

みたいに. -d で環境変数を引きついでるのだが, zsh で起動すると

can't open file

と言われるので, 深く考えずに上の様に環境変数 SHELL を unset(ださーい)

で, wrapper コマンド自体は

#!/bin/sh
 /usr/bin/hogehoge

みたいなので.

…この変改良されているらしいのだが, 深追いする気力無し.

_ コメントスパム用チェックボックス

以前導入したハズなんですが, 作業ログが無い…. 検索してみたら, リンクしか張ってないのな.

そんな訳で.

rescue TDiary::ForceRedirect
        head = {
                #'Location' => $!.path
                'type' => 'text/html',
                }
        print @cgi.header(head)
        print %Q[
                <html>
                <head>
                <meta http-equiv="refresh" content="1Url=#{$!.path}">
                <title>moving...</title>
                </head>
                <body>Wait or <a href="#{$!.path}">Click here!</a></body>
               </html>]

なんて付けておく.

  • spamwarn.html を用意して, diary を設置してあるディレクトリにでも置いておく.

で良し.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲