平衡点


2007/04/10

_ 筋少復活

数日前に, ふと NHK をつけたら, 筋少が『日本印度化計画』を熱唱してた.

昨日, 『音楽と人』を見たら, インタビューが載ってた.

ベスト盤購入. 新作キボンヌ.

オールタイム・ベストアルバム 筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”
筋肉少女帯, トイズファクトリー, ¥3,070

あと, DVD 見たい…

_ apt-get dist-upgrade

etch がリリースされたので, この日記を動かしているサーバも upgrade してみるテスト.

$ sudo apt-get dist-upgrade
  …特につつがなく終了…

しなかった. いや, sarge -> etch 自体はスムーズでしたが.

このサーバで動かしている tdiary には独自パッチが結構あたっていたので, それを当てたパッケージを作りなおして導入し, ようやく幸せに.

あと, amazon2 plugin が動かない.

Insecure: can't intern tainted string (SecurityError)

 /usr/lib/ruby/1.8/amazon/search.rb:1272:in `to_sym'
 /usr/share/tdiary/tdiary.rb:75:in `join'
 /usr/share/tdiary/tdiary.rb:75:in `safe'
 /usr/share/tdiary/tdiary.rb:657:in `eval_src'
 /usr/share/tdiary/tdiary.rb:904:in `do_eval_rhtml'
 /usr/share/tdiary/tdiary.rb:854:in `eval_rhtml'

調べてみると, ruby 1.8.5 から taint を真面目に検査する事になっている. これは ruby-amazon 側で対応すべきなんかな. とりあえず, amazon/search.rb で

@@ -1292,7 +1292,7 @@
  else  # deal with the rest
    members = property.elements.map {|e| e.text}
    -               iv = uncamelise(property.name)
    +               iv = uncamelise(property.name.untaint)
    product.instance_variable_set("@#{iv}".to_sym, members)
  end

@@ -1301,7 +1301,7 @@
   value = property.text
   value = value.gsub(/,/, '').to_i if property.name =~ /Num|Rank/
   -             iv = uncamelise(property.name)
   +             iv = uncamelise(property.name.untaint)
   product.instance_variable_set("@#{iv}".to_sym, value)
 end

みたいにして.

動けば正義.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
  • 2024/03/25
    • 1. org-mode → beamer でのリスト記号の一時変更
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|
Back to Top ▲