平衡点


2007/12/03

_ 続: subversion とロケール

先日, id:sasakyh:20071130#p2 で呟いていたのだけれど, その原因がようやくわかった. 症状は

  • リポジトリのあるサーバでは, ロケールを設定した後で status, commit ができる
    • LANG=ja_JP.UTF-8 では駄目. unset LANG + LC_ALL=C で可能になる
  • リモートのラップトップからは何やっても駄目

これは svn+ssh で作業していたのが問題で, リモートから接続する際には ssh 接続後に svnserve が呼ばれる. でもって, svnserve はやっぱり unset LANG + LC_ALL=C でなければロケール回りのエラーで怒られた.

結論から言うと,

  • サーバはまだ sarge で動いていて, locale で UTF-8 がサポートされていない
    • locale -a で utf8 が無い.

という事だった.

エラーメッセージ

svn update
svn: error: cannot set LC_ALL locale
svn: error: environment variable LANG is ja_JP.UTF-8
svn: error: please check that your locale name is correct

は正しかった訳だ.

とりあえず, サーバ側の LANG を ja_JP.EUC-JP に戻しておく.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲