平衡点


2008/11/21

_ Gmail の POP

「POP で受信したメールをアーカイブする」という選択肢があったのか.

今迄ちまちま未読メールを既読にしていた作業はいったい...OTL

_ Debian lenny 再 install

数日前に d-i RC1が出たので,良い機会ってことでラップトップへ再インストール.

メディアの作成

毎度の如く, USB メモリースティックを使用.Debian-Installer を使ったインストールより,

を落としてくる. USB メモリを差して, これらを展開, 配置することでインストーラが作成される.

例えば, USB メモリが /dev/sda の場合には

$ sudo -s
# zcat boot.img.gz > /dev/sda
# mount -t vfat /dev/sda /mnt
# cp debian-testing-i386-businesscard.iso /mnt
# umount /mnt

とか(dd を使うのが正しい作法な気がするけど . - -;)

あとは作成したインストーラで起動して, install 開始.

install 中, 終了後に気がついたこと.

  • GUI で install 開始 -> gnome 環境ができてしまった.
  • そんな訳で CUI install に戻る.
  • install 中に ntp で時刻合わせするんですね.
  • しまった. USB メモリに ipw2200 の firmware 入れておけば良かった.
  • grub-install で, Windows 領域が必ず誤認識されるな. たいした事じゃないけれど.
  • 後から, 以下の様に修正
/etc/grub.d/orig.30_otheros 2008-11-21 15:29:14.000000000 +0900
+++ /etc/grub.d/30_otheros  2008-11-21 15:29:02.000000000 +0900
@@ -4,6 +4,6 @@
 # This entry automatically added by the Debian installer for a non-linux OS
 # on /dev/hda1
 menuentry "Microsoft Windows XP Professional" {
-       set root=(hd0,0)
+       set root=(hd0,1)
        chainloader +1
 }
  • 固定 IP 環境で install すると, ネットワークが繋っていない状態で boot した時に, exim4 の起動ででちょっと待たされる. これはしょうがないかな.

そんな訳で, まあ古い機械だし, 特に嵌らず終了. さて, install report 書こう.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲