平衡点


2008/11/26

_ lenny で TeX 環境.

(いつのまにやら dvips+ps2pdfwr でも PDF が作成できたので, エントリ内容修正)

etch では gs-esp, gs-afpl, gs-gpl と分かれていた gs パッケージがlenny から ghostscript に統一されたらしい. News.Debian.gz によれば

ghostscript (8.61.dfsg.1~svn8187-1) unstable; urgency=low

  As the ESP Ghostscript development is discontinued now, the extra
  functionality of ESP Ghostscript is merged into upstream GPL Ghostscript
  from version 8.60 on. This is the first Debian/Ubuntu package of this
  merged Ghostscript. ...

そんなわけでetch で dvips -> ps2pdfwrの頃に書いた内容は(ちょっと)古くなってしまったのでメモ.

TeX 環境の導入

東京Debian勉強会 2008年11月事前配布資料に, 日本語 pLaTeX な環境の導入が一通り書いてあります.

導入は, だいたい以下の通り.

$ sudo -s
# aptitude install ptex-bin dvipdfmx latex-beamer okumura-clsfiles \
                   ghostscript-x xpdf xpdf-japanese evince \
                   poppler-data texlive-latex-extra \
                   dvipsk-ja xdvik-ja gs-cjk-resource gv \
                   ttf-kochi-gothic ttf-kochi-mincho \
                   ttf-sazanami-gothic ttf-sazanami-mincho \
                   ttf-vlgothic \
                   yatex whizzytex advi advi-examples

yatex とか whizzytex とかはお好みで. 導入後に

$ sudo jisftconfig add 

すると, 日本語の TeX 環境は一通り導入 & 設定される. platex による dvi の作成や dvipdfmx による PDF への変換も ok.

表示に関する雑多な設定.

xdvi-ja

表示フォントは /etc/texmf/vfontmap.d/20xdvik-ja.map で指定されており

@Mincho Roman|Mincho@
       rml  JIS-H      % ASCII pTeX
       rmlv JIS-V      % ASCII pTeX
       dm   JIS-H      % NTT jTeX

@Gothic SansSerif|Gothic@
       gbm  JIS-H      % ASCII pTeX
       gbmv JIS-V      % ASCII pTeX
       dg   JIS-H      % NTT jTeX

とある. で rml や gbm はどこで設定されているか, というと/var/lib/texmf/vfontmap で指定されている. 中身は defoma の priority に応じて指定されている. 表示したいフォントを変える場合には defoma に登録する際にpriority を適切に指定すると良い, ...のかな?

手元では IPA 明朝/ゴシック の Priority を上げているので, xdvik-ja の表示にはIPA フォントが使われている.

evince

デフォルトの設定では, 明朝/ゴシックすべて VL PGothic で表示される.これは Ryumin/Gothic-BBB が指定されていないので, VL PGothic が使われているから.以前書いた様に,例えば ~/.fonts.conf に

<?xml version="1.0"?>
<!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
<fontconfig>
<match target="pattern">
  <test qual="any" name="family">
    <string>Ryumin</string>
  </test>
  <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>IPAMincho</string>
  </edit>
</match>
<match target="pattern">
  <test qual="any" name="family">
    <string>Gothic-BBB</string>
  </test>
  <edit name="family" mode="prepend" binding="strong">
    <string>IPAGothic</string>
  </edit>
</match>
</fontconfig>

なんて書いておくと良いかも.

デフォルトで ttf-japanese-mincho/ttf-japanese-gothic が使われるようにしたら良いんじゃないかな, とか思ったりもする.

pdf への変換

dvipdfmx

cmap を適切に導入して jisftconfig add した後ならば

$ dvipdfmx hoge.dvi

日本語フォントを埋め込んでない PDF ファイルが生成される(Times 系の英字フォントは埋め込まれていた).

dvipdfmx を実行すると「fontmapsx が無い」という警告が出る. とりあえず

$ sudo ln -s /etc/texmf/dvipdfm /etc/texmf/dvipdfmx

としておく.-><URL:http://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=505899:title> に patch があるので, これを当ててパッケージを作成しても良いかも.

フォントを埋め込みたい場合には,/etc/texmf/dvipdfm/cid-x.map(jarticle 等の場合), /etc/texmf/dvipdfm/jis-cjk.map(jsarticle 等の場合) を修正する. 例えば, jis-cjk.map の場合には

%% for jis fonts of ptex-jisfonts
rml-jis H :0:ipam.ttf
gbm-jis H :0:ipag.ttf

みたいに指定する.

":0:" はフォントが .ttc の場合に先頭のフォントを使用する, という意味..ttf の時にも指定しておく方が良いらしい(うろ覚え).

dvips + ps2pdfwr

PDF を作成する際には

$ dvips -Ppdf -z hogehoge.dvi
$ ps2pdfwr hogehoge.ps

とする. この時点では, 日本語フォントは埋め込まれている. evince で開いて, [Alt+Return] とかしてプロパティを見ると...

これは(笑). なんで表示が化けてるのかな?

埋め込まれるフォントは /var/lib/defoma/gs.d/dirs/fonts/CIDFnmap で指定されている(cidfmap ではない). ここを修正したらさざなみ明朝/ゴシックやVL ゴシックを埋め込んだPDF が生成された. ちなみにさざなみフォントの場合,埋め込まれたフォント名の表示は乱れなかった.

さて, 埋め込まない場合はどうするかな. さざなみ明朝/ゴシックを埋め込んで,replacecjkfonts使うのかな.個人的には gs の NeverEmbed を使いたいのだけれども.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
  • 2024/03/25
    • 1. org-mode → beamer でのリスト記号の一時変更
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|
Back to Top ▲