平衡点


2009/11/23

_ zsh での nohup と disown

background にまわしたプロセスを走らせておいたままlogout したいは良くあるわけですが, その度に「後から nohup できないかな」とか思ってました.

zsh の設定を漁っていたらありました(そりゃそうだ).

  • 「setopt nohup」を設定しておく
  • 内部コマンド "disown" を実行する.

「disown」ってどういう意味かと調べたら英辞郎さん曰く

disown
[他動]
1. 〜に責任[関係]がないと言う, 〜を自分のものと認めない
2. (子どもを)勘当する
3. 〜と縁を切る

へー.

_ emacs22 -> emacs23 へ移行

中途半端だった emacs23 の設定をもう一度見直して, emacs22 から emacs23 へ移行した.

特に設定変更とか必要なかった...と言いたい所だけれども, 日本語フォントまわりは鬼門. ちゃんとコード読めばなんとかなるのかもしれないけれど, 毎度の如く「動いたからヨシ」の方向で.

日本語フォントまわり

emacs23 は xft に対応していてフォントのアンチエイリアスが効く. ジタバタした結果, とりえあえず以下の様になった.

(if window-system
    (progn
    (set-default-font "September-M-Mono-11")
    (set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
                      'japanese-jisx0208
                     (font-spec
                      :family "September-M-Mono" :size 18))
    (set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
                      'katakana-jisx0201
                     (font-spec
                      :family "September-M-Mono" :size 18))
    (set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
                      'unicode
                     (font-spec
                      :family "September-M-Mono" :size 18))
    (set-face-font 'variable-pitch "September-M-Mono:size=18")
    (set-face-font 'fixed-pitch "September-M-Mono:size=18")
    ))

September-M-Mono はタイプラボのセプテンバーフォント. 数年前から愛用している((購入したのは M-等幅だったのだけれども L-等幅も欲しいなぁ…))

…まあ, 基本は terminal 上で emacs -nw を起動して作業しているから, 関係無いといえばそうなんですがね…

パッケージ関係

野良で作成していた rail の依存関係が変だったので作り直す.ついでに ITP して mentors.debian.net に投げた.

ついでにイロイロと upstream に問い合わせてみる(置き場とか開発状況とか)mentor は今度の関西 Debian 勉強会の時にでもゴニョゴニョしてみるかな...

起動

emacs22 の頃からだけれども gtk が有効になっているとddskk と uim-skk のどちらも有効になってしまう. uim-skk 一本にすれば良いのかもしれないけれど sticky-shift が使えないので ddskk を使う.

そんな訳で ~/bin/emacs を以下の内容で作成

#!/bin/sh
XMODIFIERS="@im=none"
GTK_IM_MODULE=none

export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
exec /usr/bin/emacs "$@"

普段はコレを使用中.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲