平衡点


2009/11/29

_ xdvik-ja で特定の文字が表示されない

Pkg-fonts-devel で defoma を使わなくなる, という話題が飛び出ていて,ghostscript, xdvik-ja の font の設定がどうなるのか非常に気になっています.

それはそれとして.最近 xdvi で DVI を開いた時に特定の字が表示されなくて, 多少困っていました.

環境

  • Debian GNU/Linux unstable
  • 使用しているフォント:
    • StarSuite9 に付属の「HG ゴシックB」と「HG 明朝L」((つまりは 「MS ゴシック」と「MS 明朝))

症状

例えば影響の「響」とか 擾乱の「擾」等が表示されません.まったく表示されないのではなくて,多少下線の様なモノがモニョっと出ているので, ナニかと思っていました.試しに拡大してみると…

…なんかズレていますね. これはもしかしてフォントが悪い?

試しに sazanami や ipafont で表示してみると…

…きちんと出ました(´・ω・`)

ad hoc な対応

はてさて何が悪いのかしら.

とりあえず, xdvik-ja で表示に使用するフォントを ipafont に設定しておくことにします.

設定は /var/lib/texmf/vfontmap にあります. このファイルは /etc/texmf/vfontmap.d/ 以下のファイルからupdate-vfontmap で生成されています.

例えば /etc/texmf/vfontmap.d/20xdvik-ja.map の中身は

@Mincho Roman|Mincho@
       rml  JIS-H      % ASCII pTeX
       rmlv JIS-V      % ASCII pTeX
       dm   JIS-H      % NTT jTeX

@Gothic SansSerif|Gothic@
       gbm  JIS-H      % ASCII pTeX
       gbmv JIS-V      % ASCII pTeX
       dg   JIS-H      % NTT jTeX

となっています. @Gotich や @Mincho は defoma で設定されているわけですが,とりあえずコレをコメントアウトして, 明示的にフォントを指定することにしました.

あと気になるのは毎度の如くココで呟いている pdf 作成時のフォントの埋め込み関係ですか. 以前設定したハズなのに /var/lib/defoma/gs.d/dirs/cidfmap の/Ryumin-Light の指定がまた SazanamiMincho-Regular になっていました. /GothicBBB-Medium は HG-GothicB-Sun-Regular のままなのに.

うーん…時間無い時に限って足回りで躓いている気がする

_ノ乙(、ン、)_


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲