平衡点


2015/10/15

_ console と GDM3 の keymap

GNOME3.18 が着々と unstable に upload されつつあるわけで, 手元の laptop もほぼ GNOME 3.18 になりました.

昨日あたりに laptop の再起動をしたら, GDM からログインできなくなってしまいました.

じたばたすることしばし. keyboard layout が US 配列として動作していた, というオチでした. Ctrl+Alt+F1 でコンソールに移動したら, そっちも US 配列.

んー?

console でのキーボード配列の設定

Google 先生あたりに聞くと, (systemd だと)

  • 「/etc/vconsole.conf に設定を書く」
  • 「localectl list-keymaps を唱えよ」

とか出てくるかと思いますが.

Debian の場合は今迄通り,

% sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

で適宜設定しておきましょう(もしくは, /etc/default/keyboard を変更).

結局, 多分 systemd 調べる際に作成した /etc/vconsole.conf が残っていたので, これが悪さをしていたみたいでした. コンソールの配列が US 配列になってしまうのは, これで解決

Graphical Desktop 環境でのキーボード配列

GDM からログインした後は setxkbmap jp なり, xmodmap なりを唱えれば良いわけですが, GDM でログイン時に US 配列になっているのは何故だろうか, とじたばた.

結論から言うと GDM が wayland を起動していました.

  • GDM は wayland で起動
  • GDM で認証後に, X の gnome-session が起動

という状況.

試しに /etc/gdm3/daemon.conf の

[daemon]
# Uncoment the line below to force the login screen to use Xorg
WaylandEnable=false

を有効にして GDM を再起動したら, キーボード配列も正しく日本語配列となりました.

と, いうわけで.

特に設定変更していないので, 恐らく(動きそうなのであれば) Wayland を使う, というのが GNOME の方針なのかなぁ. だとすると, GDM を Wayland で動かす際 のキーボード配列はどうやって設定するのかしら. 元々 Debian には /etc/default/keyboard がある訳で, これを良い様に読み込む(or 適切な設定ファイルへ変換する)のが良いと思うわけですが.

…そもそも Wayland 環境のキーボード配列を global に変更するにはどうしたら良いの?

あ, GNOME3.18 の使用感については特に. どんどんスッキリとしていくので, 良い感じですね. Terminal がアレなのは相変わらずですが. .


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲