平衡点


2018/07/11

_ 不惑

40 になりました. 16進数だと 0x28 歳ですね.

エラい人は「不惑」というわけですが, そんな事もなく.

わたし「不惑って言うんすよね. 」
Y 先生「あんな. エラい人でも40までかかったちゅうことやで. 」
わたし「あー...なるほど. 精進します. 」

はい.


2018/07/15

_ ibus-skk での句読点の強制

というか, 句読点ルールとして用意されている EN_EN が全角なのが嫌なのだが, まあ人によって好みはありますしね.

というわけで, とりあえず

~/.config/libskk/rules/StickyShift/rom-kana/default.json

{
    "include": [
        "default/default"
    ],
    "define": {
        "rom-kana": {
            "z ": ["","□"],
            "," : ["",","],
            "." : ["","."]
        }
    }
}

としてみた.

まあ, 日本語の文章で半角のカンマとピリオドを使うのはどうなんだ, という意見はわかるのだけれども, 慣れがありましてね. 強制した方が良いかなぁ...


2018/07/26

_ dnsmasq での問い合わせ先の変更

某所に VPN で接続した際に, 接続先の DNS の反応が遅いせいで名前解決ができず, ネットワークアクセスで困る事が頻発していて, これどうにかならんのか, と.

とか言うてた訳ですが.

手元での名前解決には dnsmasq を使っていたので, dnsmasq.conf あたりに

server=/hoge.hero.fuga.ac.jp/8.8.8.8

みたいに書いておくと hoge.hero.fuga.ac.jp の名前解決の際には 8.8.8.8 を使ってくれるようになるようだ(当然 IP はダミーです, はい).

More specific domains take precedence over less specific domains, so:
--server=/google.com/1.2.3.4   --server=/www.google.com/2.3.4.5  will
send queries for *.google.com  to  1.2.3.4,  except  *www.google.com,
which will go to 2.3.4.5

The  special server address '#' means, "use the standard servers", so
--server=/google.com/1.2.3.4  --server=/www.google.com/#  will   send
queries  for  *.google.com  to  1.2.3.4, except *www.google.com which
will be forwarded as usual.

man にありました. これで快適快適.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/02/15
    • 1. org-mode → bemaer での番号付きリスト
  • 2024/01/04
    • 1. 明けました.
  • 2023/12/03
    • 1. TeX on Debian 12 (Bookworm)
  • 2023/11/29
    • 1. GPGで複数の認証鍵がある場合の --export-ssh-key
  • 2023/09/07
    • 1. Wanderlust で返信時にメーリングリストのシリアルナンバを削除するには
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|
Back to Top ▲