平衡点


2014/10/25 [長年日記]

_ libskk で sticky-shift 的な…

昨日(ibus-skk を使い始めた.)の続き.

uim-skk に存在して, ibus-skk に無い機能として, 個人的に無いと途方に暮れる機能は sticky-shift なのですが.

なんとかならんかなぁ, とじたばたすることしばし.

libskk の keymap は /usr/share/libskk/rules/ 以下にあって, ibus-skk においても, このルールファイルを参照して入力方式を切り替えている.

というわけで

~/.config/libskk/rules/StickyShift/metadata.json

# source: json
  {
      "name": "StickyShift",
      "description": "Typing rule, support sticky key"
  }

~/.config/libskk/rules/StickyShift/keymap/hiragana.json

# source: json
  {
      "include": [
          "default/hiragana"
      ],
      "define": {
          "keymap": {
              ";": "start-preedit-kana"
          }
      }
  }

としてみた. この後 ibus-skk の設定画面で「タイピング方式」から StickyShift を選択することで, なんちゃって sticky-shift が可能になった.

「なんちゃって」の意味は, 本来の sticky-shift の機能では ";;"(セミコロンを二回入力)で ";" が入力できる筈なのだが, どうもうまくいかない.

とはいえ, 長文は Emacs で書くので ddskk を使うだろうから当面は困らないし, とりあえず良しとすることに.

参考:

ads by google