平衡点


2023/03/03

_ AMP HTML ページでの Google Analytics 4 (GA4)

はじめに

少し前に, この日記も含めて AMP 対応(AMP ページのみを提供)する様にしています. アクセス解析に Google Analytics を利用しているのですが, AMP HTML では外部 Javascript の読み込みができず, そのままでは GA4 へ移行できません.

…こういうの見てると, Google は AMP 止めるんだろうなぁ, とか思ったりするわけですが.

そのうち AMP は止めるとは思うけど, まあそれはそれとして.

AMP HTML での GA4

amphtml 本体がいまだに対応していない中, <amp-analytics> を使って AMP Valid かつ GA4 に対応する方法が開発されている.

これは現状では「非公式」なので, ある時に動かなくなる可能性もあるわけだが, それでもありがたいことではある.

というわけで

  1. ga4.json を取得し, 適宜設置する:
    wget https://amp.analytics-debugger.com/ga4.json \
      -O path/to/public_html/
        
  2. <amp-analytics> を適宜.
    <amp-analytics data-block-on-consent
                   type="googleanalytics"
                   config="url_of_your_ga4.json"
                   data-credentials="include"
    		             data-block-on-consent>
      <script type="application/json">
        {
            "vars": {
                "GA4_MEASUREMENT_ID": "G-XXXXXXXXXX",
                "GA4_ENDPOINT_HOSTNAME": "www.google-analytics.com",
                "DEFAULT_PAGEVIEW_ENABLED": true,
                "GOOGLE_CONSENT_ENABLED": true,
                "WEBVITALS_TRACKING": false,
                "PERFORMANCE_TIMING_TRACKING": false
            }
        }
      </script>
    </amp-analytics>
    

    とりあえずはこんな塩梅で良いかな, とか.

GA4 への移行

とりあえず この日記も AMP Valid だし データ取得はできている模様.

AMP HTML を止めるかどうかは思案中. あまり派手な事をする気のない自分にとって 「下手な事ができないフレームワーク」(ギブス?)として結構有用だった気もするんだよなぁ.

うーん.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲