平衡点


2009/11/29

_ xdvik-ja で特定の文字が表示されない

Pkg-fonts-devel で defoma を使わなくなる, という話題が飛び出ていて,ghostscript, xdvik-ja の font の設定がどうなるのか非常に気になっています.

それはそれとして.最近 xdvi で DVI を開いた時に特定の字が表示されなくて, 多少困っていました.

環境

  • Debian GNU/Linux unstable
  • 使用しているフォント:
    • StarSuite9 に付属の「HG ゴシックB」と「HG 明朝L」((つまりは 「MS ゴシック」と「MS 明朝))

症状

例えば影響の「響」とか 擾乱の「擾」等が表示されません.まったく表示されないのではなくて,多少下線の様なモノがモニョっと出ているので, ナニかと思っていました.試しに拡大してみると…

…なんかズレていますね. これはもしかしてフォントが悪い?

試しに sazanami や ipafont で表示してみると…

…きちんと出ました(´・ω・`)

ad hoc な対応

はてさて何が悪いのかしら.

とりあえず, xdvik-ja で表示に使用するフォントを ipafont に設定しておくことにします.

設定は /var/lib/texmf/vfontmap にあります. このファイルは /etc/texmf/vfontmap.d/ 以下のファイルからupdate-vfontmap で生成されています.

例えば /etc/texmf/vfontmap.d/20xdvik-ja.map の中身は

@Mincho Roman|Mincho@
       rml  JIS-H      % ASCII pTeX
       rmlv JIS-V      % ASCII pTeX
       dm   JIS-H      % NTT jTeX

@Gothic SansSerif|Gothic@
       gbm  JIS-H      % ASCII pTeX
       gbmv JIS-V      % ASCII pTeX
       dg   JIS-H      % NTT jTeX

となっています. @Gotich や @Mincho は defoma で設定されているわけですが,とりあえずコレをコメントアウトして, 明示的にフォントを指定することにしました.

あと気になるのは毎度の如くココで呟いている pdf 作成時のフォントの埋め込み関係ですか. 以前設定したハズなのに /var/lib/defoma/gs.d/dirs/cidfmap の/Ryumin-Light の指定がまた SazanamiMincho-Regular になっていました. /GothicBBB-Medium は HG-GothicB-Sun-Regular のままなのに.

うーん…時間無い時に限って足回りで躓いている気がする

_ノ乙(、ン、)_


2023/11/29

_ GPGで複数の認証鍵がある場合の --export-ssh-key

某所向けに ed25519 の鍵を追加したのだけれど, 単に --export-ssh-key を唱えただけだと新しく追加した鍵の SSH 公開鍵しか出力されずに困ったり.

man を紐解くと, ちゃんと

--export-ssh-key
       This command is used to export a key in the OpenSSH public key format.
       It requires the specification of one key by the usual means and exports
       the latest valid subkey which has an authentication capability to
       STDOUT or to the file given with option --output.  That output can
       directly be added to ssh's `authorized_key' file.

       By specifying the key to export using a key ID or a fingerprint
       suffixed with an exclamation mark (!), a specific subkey or the primary
       key can be exported.  This does not even require that the key has the
       authentication capability flag set.

って書いてあった.

というわけで, 例えば

% gpg --list-keys 0x9394F354891D7E07
pub   rsa4096/0x9394F354891D7E07 2009-09-03 [SC]
      Key fingerprint = 66A4 EA70 4FE2 4055 8D6A  C2E6 9394 F354 891D 7E07
uid                   [ultimate] Youhei SASAKI <uwabami@gfd-dennou.org>
uid                   [ultimate] Youhei SASAKI (JunkHub) <uwabami@junkhub.org>
uid                   [ultimate] Youhei SASAKI (Debian JP Project) <uwabami@debian.or.jp>
sub   rsa4096/0xB41AF9579DBFD29F 2009-09-03 [E]
sub   rsa4096/0xBC8C7730B7DB0213 2016-12-12 [A]
sub   ed25519/0xC317F1D44E1D42F5 2023-11-29 [A]

という場合には

% gpg --export-ssh-key 0xBC8C7730B7DB0213!
ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAACAQDMXEKNZcb/ ... 

とか

% gpg --export-ssh-key 0xC317F1D44E1D42F5!
ssh-ed25519 AAAAC3NzaC1lZDI1NTE5AAAAIHsCFjPi+CvZzW...

として export したい鍵の指紋! を指定すれば良い, ということでした.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
  • 2024/03/25
    • 1. org-mode → beamer でのリスト記号の一時変更
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|
Back to Top ▲