平衡点


2007/04/27

_ apache2 + ssl

etch がリリースされた訳ですが, upgrade したら https 通信ができなくなってました. 設定方法変わったんですな. そんな訳でメモ.

openssl の設定

# vi /etc/ssl/openssl.cnf
[user_cert] セクションの
nsCertType=server のコメントを外す
[v3_ca] セクションの
nsCertType=sslCA,emailCA のコメントを外す.

その後, 証明書の発行. オレオレ証明書です.

# cd /usr/lib/ssl/misc
# ./CA.sh -newca

適当に答える.

# openssl rsa -in ./demoCA/private/cakey.pem -out ./demoCA/private/cakey.pem
 パスフレーズを消す
# openssl x509 -in ./demoCA/cacert.pem -out ./demoCA/cacert.crt
 証明書の作成
# openssl x509 -inform pem -in ./demoCA/cacert.pem -outform der -out ./demoCA/ca.der
 ブラウザに import する der の作成

apache2 の設定

# mkdir /etc/apache2/ssl
# cp ./demoCA/cacert.crt /etc/apache2/ssl
# mkdir /etc/apache2/ssl/private
# cp ./demoCA/private/cakey.pem /etc/apache2/ssl/private/
# cd /etc/apache2/site-available/
# cp /usr/share/apache2.2-common/exampless/apache2/extra/httpd-ssl.conf.gz .
# gzipd -d httpd-ssl.conf.gz
# mv httpd-ssl.conf ssl
# vi ssl

ssl では

  • /etc/apache2/ssl/cacert.crt を登録
  • /etc/apache2/ssl/private/cakey.pem を登録
  • VirtualHost や ServerName 等を設定する.

なんて所を弄る.

最後に設定をチェックして, モジュールとサイトを有効化し再起動

# apache2ctl -t
  Syntax Ok
# a2ensite ssl
# a2enmod ssl
# /etc/init.d/apache2 restart

で https が有効になりました. ふう.

_ emacs で文字コードを指定して再読み込み

文字コードを指定する

M-x universal-coding-system-argument
もしくは
C-x RET c

読み直す

M-x find-alternate-file
もしくは
C-x C-v

となる訳ですな. という訳で

C-x RET c (文字コード入力) C-x C-v (ファイル名指定)

で良い訳ですな.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
  • 2024/03/25
    • 1. org-mode → beamer でのリスト記号の一時変更
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|
Back to Top ▲