平衡点


2010/11/02

_ 第41回関西Debian勉強会/GPG キーサインパーティ @ KOF 2010

毎度直前の告知になって申し訳ありません. m(_ _)m

11/05-06 に開催される関西オープンフォーラム(KOF)/関西オープンソース 2010 にて, 関西Debian勉強会/GPG キーサインパーティを開催します. 皆さまの参加をお待ちしております. GPG キーサインパーティはグループキーサイン形式で行なう予定ですので, 以下の URL より公開鍵の事前登録をお願いします.

キーサインパーティに出席できない人も、関西Debian勉強会ブースにてハッシュ値の照合を行なえますので, 是非ご登録ください。

第 41 回 関西 Debian 勉強会 in 関西オープンソース 2010

日時: 2009 年 11 月 6 日 (土) 10:00~18:00
会場:大阪南港 ATC ITM 棟 6F マーレギャラリー (受付・展示会場)
〒 559-0034 大阪市住之江区南港北 2-1-10
会場までのアクセス方法
費用:無料
セッション, ステージ企画, 共に関西オープンフォーラムの企画として開催されますので事前に申し込みの必要はございません. 会場まで直接お越しください.
セッション内容その 1/ 関西 Debian 勉強会
タイトル:第 41 回 関西 Debian 勉強会
「でびあん らんだむとぴっくす 〜 Squeeze マダァー? (・∀・ ) っ/ 凵⌒☆チンチン」
日時会場:11/6 13:00 〜 13:50 (50 min) [ 会場 : 9F セミナールーム 2 ]
講師: 佐々木洋平 (Debian JP Project)
概要: Debian 次期安定版 Squeeze についての開発状況や, ここ最近の Debian 界隈の話題などをゆるーくお話します.
セッション内容その 2/GPG キーサインパーティ
タイトル:GPG キーサインパーティ
日時会場: 11/6 17:00 〜 (50 min) [ 会場 : 9F セミナールーム 3 ]
講師: 佐々木洋平 (Debian JP Project/ksp-ja)
概要: OSS 開発者, ユーザ共に必要な GPG の説明と, GPG キーサインパーティを行ないます. キーサインに参加する人は, 事前に下記 URL を参照し, 登録をお願いします (グループキーサイン形式で行ないますので事前登録をよろしくお願いします).

キーサインパーティに出席できない人も、関西Debian勉強会ブースにてハッシュ値の照合を行なえますので, 是非ご登録ください。

ブース展示内容
展示:Debian 稼働マシン展示と Debian 体験コーナー
ノート PC をお持ちください. ネットワークブートであなたの PC で Debian が起動します!
配布:Debian Live DVD 配布
販売:有志作成 Debian グッズ (T シャツ),Debian 同人誌「あんどきゅめんてっどでびあん」

そんなわけで.

皆様是非ご参加下さい. よろしくお願いします.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲