平衡点


2010/11/01

_ howm のメモを Dropbox に入れた

普段はメモを取るのにhowmを使っています. ちなみにDebian Packageもメンテしています. 今度リリースされる予定の安定版Squeezeからは公式パッケージとして収録されていますので, 是非どうぞ.

最近幾つかの環境を渡り歩く必要があって, メモが散らかるのをなんとかしたいと思い, howmのメモ領域をDropboxに変えました. 使ってみると, 確かに便利ですねぇ. Dropbox.

設定とか

まずはDropbox本体の設定. MacとかWindowsの場合は適当にinstallすれば良いでしょう. Debian の場合 sid にdropbox パッケージがあります. このパッケージはnautilusのpluginが含まれていないので, 人によっては不満があるかもしれませんがGnomeを使っていない私にとっては非常に嬉しい限りです. これを導入して自動起動の設定をしておきます. ~/.config/autostart/dropbox.desktop を作成して

[Desktop Entry]
Name=Dropbox
GenericName=Network Storage
Comment=Secure backup, sync and sharing made easy
Exec=/usr/bin/dropbox
Icon=/usr/share/pixmaps/dropbox.png
Terminal=false
Type=Application
Categories=Network;

なんて書いておきます. あとはDropboxの同期先を適当に決めて, パスワード等をポチポチっとしておくだけです.

howmの設定はDropbox内の適当なフォルダに, ファイルを置くことにして, 既存のファイルをmvするだけです. ファイルの設定は以下の通り.

...
(setq howm-directory "~/Desktop/Dropbox/howm")
(setq howm-keyword-file "~/Desktop/Dropbox/howm/.howm-keys")
(setq howm-history-file "~/Desktop/Dropbox/howm/.howm-history")
(setq howm-menu-file "~/Desktop/Dropbox/howm/.howm-menu")
...

あとは, 普段通りメモを書くだけです. emacs23からeasypgが同梱されるようになったので, 同期先の他人から見られたくないファイルはepa-encrypt-regionあたりで暗号化しておきます.

まとめ?

あまりたいした情報じゃないですけれど, 使ってみた感想として Dropbox は非常に便利ですね. 良い感じの使い方をもっと考えてみようかしら...

おまけ

以下のリンクからDropboxを始めると, 私のDropboxの容量が増えます. これから使ってみよう, という方は一つよろしくお願いします(笑)


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲