平衡点


2010/11/15

_ anything 入門

遅蒔きながら anything を使い始めました. rubykitch さんのanythingの導入〜3分で使えるanything.el〜を参考に, とりあえず

(require 'anything-startup)

を設定してみたのですが...

  • 以前 zlc を使っていたためか, TAB で補完+候補選択が手に染みついていて戸惑う.
    • TAB の挙動を適当に設定すれば良いのだと思うのだけれど, どうすれば良いかな.
  • AUCTeX で C-c がそのままだと毎度 jLaTeX になってしまう
    • 元々は pLaTeX -> xdvi だった訳ですが, minibuffer では Command(default:ほげほげ) と出ているので, それを使ってくれれば良いのですけどね.

細々設定が必要みたいだな. とりあえず, 現状の設定は以下の通り

;; Debian にはパッケージがあるのでそれを使ってる.
;; パッケージが無い場合には site-lisp 以下を load
(when (not (locate-library "anything"))
  (setq load-path (cons "~/.emacs.d/site-lisp/anything-el/" load-path)))
(require 'anything-startup)
;; アルファベットで候補選択
(setq anything-enable-shortcuts 'alphabet)
;; C-x b で anything
(global-set-key (kbd "C-x b") 'anything)
;; M-y で履歴選択
(global-set-key [(meta y)] 'anything-show-kill-ring)

連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲