平衡点


2021/11/30 [長年日記]

_ いつのまにか Exim4 が SIGSEGV する様になっていた

タイトル通り.

スマートホストとして利用するために手元で exim4 を起動していたのだけれど, いつの頃からから

% sendmail -t < test
2021-11-30 13:11:21 1mruUD-000C30-MM SIGSEGV (maybe attempt to write to immutable memory)
46314 segmentation fault  sendmail -t < test

と怒られる様になっていた. ローカル配送が死んでいるので, そもそもコレにも気がつかず.

ちょっとじたばたしてみたら /etc/exim4/exim4.conf.localmacros で指定していた

  • message_id_header_domain
  • message_id_header_text

を消すと動作はする様になる.

これ「まっとうなSMTPサーバならmessage-idにドメイン名が入るよね」という方宛にスマートホストから配送する(この時はホスト名のみになってドメインが出てこない)のに対応するためにした設定だったんだけれど, ここに文字列を入れると SIGSEGV (maybe attempt to write to immutable memory) となる.

…まあ, 最近は msmtp で送信しているから別に良いか, という気分ではあるのだけれど マニュアルに記載がある設定なのでなぁ….

これはバグなんだろうか?

(2021/12/01 追記)

Debian Bug report logs - #1000843 exim4: set message_id_header_domain cause SIGSEGV (maybe attempt to write to immutable memory)

…再現しないって言われてしまった. うーん🤔


連絡先など
最近の日記
  • 2022/01/20
    • 1. HiDPI環境だとLibreOfficeのアイコンが大き過ぎて辛い.
  • 2022/01/17
    • 1. FirefoxのVim的操作拡張をvimium-ffからVim Vixenに変えた
  • 2022/01/07
    • 1. org-journal と tab-bar
  • 2022/01/05
    • 1. 新年ですね.
  • 2021/12/10
    • 1. org-gcalとorgmineによるAgenda View