平衡点


2024/03/22

_ 静的htmlによるGit Repository Browser

CGIは動かさずに, 単にリポジトリを閲覧できるだけで良いので何か良い感じの奴はないかな, と調べてみた.

が良い感じっぽい. ライセンスも MIT だし, これのDebianパッケージはないかな, と…

今んところ, RFP で止まっているのか. ふむ.

(2024/03/22 18:40 追記)

とりあえず, サクっとDebianパッケージは作ってみた. 一応動作するが, これで良いかなぁ. あと upload どうすんべ.


2024/03/25

_ org-mode → beamer でのリスト記号の一時変更

前回 org-mode → beamer での番号付きリスト - 平衡点(2024-02-15) の続き?

beamer でスライドを作成している時に, 一時的に itemize の記号を変えたい時がある. 例えば

- 第9回(06/07) ネットワークの基礎
  - TCP/IPの復習, ネットワークの確認と設定
- *休講 (06/14) ⇒ 体育祭です*
- 第10回(06/21) ネットワークコンピューティングの基礎
  - 外部サーバ, 仮想環境の「親」と「子」での通信

みたいなリストで, 二つめの項目の記号を変えたい場合みたいな. 知らなかったけれど

- 第9回(06/07) ネットワークの基礎
  - TCP/IPの復習, ネットワークの確認と設定
- @@latex:[☆]@@ *休講 (06/14) ⇒ 体育祭です*
- 第10回(06/21) ネットワークコンピューティングの基礎
  - 外部サーバ, 仮想環境の「親」と「子」での通信

を export したら

\item 第9回(06/07) ネットワークの基礎
\begin{itemize}
\item TCP/IPの復習, ネットワークの確認と設定
\end{itemize}
\item [☆] \alert{休講 (06/14) ⇒ 体育祭です}
\item 第10回(06/21) ネットワークコンピューティングの基礎
\begin{itemize}
\item 外部サーバ, 仮想環境の「親」と「子」での通信

となった. \item [☆] と間にスペースが入ってしまっているけれど, まあ typeset は通るし良いかな.

もう少し良い方法があれば良いんだけれど….


2024/03/29

_ Debian GNU/Linux on CF-SR3

以前「買った計算機に漸く火を入れたり - 平衡点(2023-08-23)」とか言ってて, 一応動作して使えてはいるものの, という状況.

機器情報

これまで使っていた CF-RZ に比べてひとまわり大きくなってしまったが, まあ, それは良いとして.

問題が幾つか(?)

問題点1: SecureBoot できません.

grub-signed とか入れてはいるんだけれど, UEFIを有効にしていると, そもそもInstallerが起動しない, 様な…?

問題点2: FAN が騒々しい. うるさすぎる.

Windows側だと問題無さげ.

load 高くして CPU ブン回すとそれに応じて FAN の回転数が高くなるのはまあエエんやけど, idle 時の FAN の回転数がちょっと高め. もう少し低くても良いと思うんだが, これが弄れない.

まとまらない

ちょっと騒々しいので, 研究会とかに持って行くのはどうしようか思案中.

…Let's Noteはもう自分の用途には合わない機種になりつつあるのかもなぁ…. かといって, じゃあ何買おうか, というと. うーん.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
  • 2024/03/25
    • 1. org-mode → beamer でのリスト記号の一時変更
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|
Back to Top ▲