平衡点


2008/03/20

_ Sir Arthur Charles Clarke

訃報ですね. 先日, Ernet Gary Gygax の訃報もあったので, ちょっと感傷的に.「オマエ何歳なんだよ」って声も聞こえてきそうですけど.

「2001 年宇宙の旅」と「幼年期の終わり」. また読みたくなった.

決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク/Arthur C. Clark/伊藤 典夫
早川書房
¥ 864

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
アーサー・C・クラーク/福島 正実
早川書房
¥ 907

_ sources.list の分割

これまで単一の sources.list に apt-line を記述していたけれど, /etc/apt/sources.list.d/ 以下に

  • 「.」で始まらず,
  • 英数字と「_」「-」「.」だけからなり,
  • 「.list」で終わるファイル名.

を並べておいても良いらしい. 単一ファイルの方が管理しやすい, という意見もありそうだけど, とりあえず分割してみた. 番号づけしておくと読み込む順番変わったりするのかな?

$ ls /etc/apt/sources.list.d/
00_debian-ddtp.list        04_official-experimental.list  08_google.list
01_official-stable.list    05_debian-multimedia.list      09_skype.list
02_official-testing.list   06_debian-dennou.list          10_beryl-compiz.list
03_official-unstable.list  07_backports-etch.list         99_misc_src.list

...それにしても, 北大の腐れ proxy. 苛つくなぁ...

_ CVS の使い方メモ

subversion に移行したい...

branch の消し方

$ cvs tag -b -d branch src_file.c

とか. src_file.c を指定しないとリポジトリ内の全てのファイルから branch タグが消える.


2009/03/20

_ pdf からの画像抽出

忘れやすいのでメモ. pdfimage を使う

$ pdfimage [src.pdf] [img-root]

pdf 中の画像が [img-root]-000.{ppm,pbm}, [img-root]-001.{ppm,pbm} ...として出力される. pbm は白黒反転しているので

$ mogrify -format eps -negate *.pbm

で一括ネガポジ変換.


2015/03/20

_ Wanderlust で分割メールを扱う

とある研究会の記念写真(まあ、今時 JPGですよね)がメールで送られてきたのだけれど、久々に分割送信されたメールであった。

さて、Wanderlustで読めた筈だよなぁ、とかジタバタすることしばし。

(setq wl-message-auto-reassemble-message/partial t)

としておくと良い、ということであった。


2017/03/20

_ LXC でのサービスの分離(1/n)

読んで時の如く.

まあ, ちまちまと進めてきた訳ですが, NFS と MTA(postfix) と Dovecot というお子さん達をどうするのか, という.

  • NFS: client 向けに autofs で $HOME を提供しているので必須
  • MTA: 個々人の Maildir に配送する/適宜 .forward 見て転送する
  • Dovecot: 993 で IMAP over SSL を提供

これを LXC で分離して運用, とか考えている訳です. LXC の bindmount で /home を共有すれば良い, とか思いついたんだけれど, これってどうなんだろうか?

うーむ...