平衡点


2006/10/18

_ 風邪ですな.

季節の変り目のいつもの. なんか今日は院生室に菌を散蒔きに行った気分.

_ gmail へ移行.

Gmail は

  • POP over SSL, SMTP over SSL が使える
    • mew からもメール送受信可能.
  • 受信したメールはアーカイブ可能
    • Gmail の 2.7 GB もの容量がバックアップアーカイブとなる.
  • スパムフィルタが賢い.
  • Web メールである -> 携帯からも見える(?)

というわけで.

.qmail -> gmail -> .qmail-true なんて事も考えましたが, 面倒だから 今持っているメールアドレスを全部 gmail へ転送するようにしてしまいました. まあ, 単に .qmail 修正しただけなんですけどね.

メール送受信全部 google へ頼るのもどうなんだろう, とか思ったり.

あと, 携帯から確認できるかとドキドキしたんですが, 文字化けしました. 真っ当に文字コードが理解できるブラウザじゃないと化ける, という話ですかね.

jig 導入かなぁ?

_ gmail の Atom Feed

折角なんで ruby で書いてみた.

#!/usr/bin/env ruby

require 'net/https'
require 'rexml/document'

account  = 'ほげほげ ( at ) gmail.com' #<-- 適切に.
password = 'へろへろ'                  #<-- 適切に.

https = Net::HTTP.new('mail.google.com', 443)
https.use_ssl = true
https.verify_mode = OpenSSL::SSL::VERIFY_NONE
https.start
request = Net::HTTP::Get.new('/mail/feed/atom')
request.basic_auth account, password
response = https.request(request)
atoms = REXML::Document.new(response.body)

entries = []
atoms.root.each_child do |child|
  entries << child if child.name == "entry"
end

entries.each do |entry|
  puts entry.elements["title"].text
  puts entry.elements["author/name"].text
  puts entry.elements["summary"].text
end

https.finish

みたいに. 一応取得できる. あとは GTK2 でポップアップすれば良い訳ですな.

メモ

_ www 鯖

…なんかアレ気だな. 明日話そうかしら. 一杯一杯ですかねぇ.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲