平衡点


2008/06/09

_ Microsoft Update したら linux が起動できなくなったよ.

解決したのだけれど. 理由は恐らく Microsoft Update + Ext2fsd かな?

環境

とりあえず.

ハードウェア:Let's Note CF-R4
OS: Windows XP SP2 と Debian GNU/Linux(lenny) の Dual Boot 環境
構成: /dev/hda1(8GB) が Windows XP, /dev/hda2(2GB)が swap 領域, /dev/hda3(46GB) が Debian GNU/Linux. サイズが半端なのは, リカバリ用の領域があるからかな.

あとは, なんだろ.

  • MBR に grub2 を instal して, /dev/hda3 を見に行く. そっから Dual boot.
  • 普段 Linux を使用する時には /NTFS に /dev/hda1 をマウント.
  • Windows を使用する時には(滅多に使わないけれど) Ext2fsD で D: に /dev/hda3 をマウント.

なんて事をしているのだけど.

事の発端

バイト中は laptop 弄れないので, Microsoft Update をかけた((滅多に使わないけれど, 偶に起動した時はやった方が良いよね, という事で)). その後で, 再起動.

grub2 はちゃんと起動し, いざ linux 側を起動しようとしたら 「journal invalid」だそうで.

Microsoft update でナニか更新した時に, Ext2fsd でマウントしてあった D: に変な書き込みでもしたのかな...

復帰まで.

先ず, 滅多に使わない Ext2fsd を削除.

次に ドライブレターとして D: が割り合てられているので, それを消したい... このやりかたがわからない((Windows なんて滅多に使わないし)). ちからワザで,

  • Windows でパーティションの削除
    • データのフォーマットは行なわれないので, パーティションテーブルのみが消える.
    • Windows 側でも D: は見えなくなる.
  • 以前作成(id:sasakyh:20080503#p1)した d-i on USB メモリを使用してレスキューモードを起動.
    • パーティションだけ作成(フォーマットはせず). boot flag を立てる.

最後に rescue mode で fsck.ext3 をかけた...ら journal が無いってさ(笑) 再生成.

まとめ.

...と称して, まとまってない(いつものこと).

Dual Boot 環境で Windows 側から Linux 側を弄る, なんて事は今後やらないようにしよう(ってか, 何故いままでやってたんだろう). 今の所, Windows 側の用途は

  • W05K のアクティベーション
    • 偶に Windows で使わないと, 認識できなくなりますよね?
  • バッテリの「eco mode」 の切り変え
    • これ, linux 側から弄れないかなぁ....

しか無いわけで.

あと, Windows で一度割り当てたドライブレター(D: とか)を消す, 正しい手段ってどうやるんでしょうか? パーティションを消さずに.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲