平衡点


2009/02/09

_ CSS での段組みとか

久々に float とか margin とかネガティブマージンとかゴニョゴニョする.フォントサイズを変えた時でも段組を維持したいので, サイズ指定は大抵フォントサイズで行なっているので, しばしモニョっとしつつ.

muse の出力でもって, 「Recent Changes」とか出せないかなぁ. あと RSS 出力(これはできるッポイけれど).

うーん.

_ emacs の muse-el で プレゼン用 PDF を作成する

lurdan さんトコ(「muse-mode でプレゼン pdf を作る (1)」id:lurdan:20090207)に反応してみる.

うわばみ さんの設定では latexmk-pdf とされていたので、sid で aptitude install latexmk してみたけど、pdf にまつわる設定は特に見当たらなかった。多分自作のスクリプトか何かだろうなー、と思いながら本家の latexmk ページを見ると、どうも最新版では dvipdfmx に渡すオプションもあるようだ。debian のパッケージは暫く放置されているようだったので、apt-get source して無理矢理最新に追従させてみた。---

はーい. latexmk-pdf はでっち上げた単なるシェルスクリプトです. こんなの.

#!/bin/sh
SRC=`basename $@ .tex`
latexmk -dvi $SRC
dvipdfmx  $SRC

latexmk 自体は debian パッケージ版を使用しています. 設定(~/.latexmkrc)は以下の通り.

$latex = 'platex';
$pdflatex = 'platex';
$latex_silent = 'platex -interaction=batchmode';
$bibtex = 'jbibtex';
$dvips = 'dvips';
$dvi_previewr = 'xdvi-ja.real';
$dvipdf = 'dvipdfmx';

個人的にはあんまり賢くない, とは思っていますが, 相変わらず「動くから良いや」です.

あと,

* beamer の書式がよくわかってない---

beamer の書式は私も良くわかりませんけれど, いわゆるプレゼン作成だけなら,muse の中で閉じますよね. 同じソースから, beamer の pdf と (x)html を出力しようとするとちょっとゴニョゴニョしないといけないかもしれませんけど.

それとも, lurdan さんが「書式」って言ってるのは「テーマ」の事でしょうか? だとすれば, 私も知りたい. beamer デフォルトのテーマはイマイチ好きになれないし, 電脳ロゴ入れたいし(どうでも良い?).

そんな訳で, 結局計算機なプレゼンには相変わらずRabbit使うんだろうなぁ... Rabbit 愛しているよ Rabbit((とか言いつつ, preformatted のフォントサイズをどう指定しておけば良いのかわかっていない今日この頃))

ちなみに muse で書いている計算機メモは微妙に見栄えを弄ってみたりした. css で段組みなんて久々にやってみたけれど, どうだろう. firefox(iceweasel) でしか確認していないけれど I.E. で見るとやっぱズレたりするんだろうなぁ...

ところで, 右サイドバーと左サイドバーは, どっちが好みですか(と,唐突に聞いてみるテスト)


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/19
    • 1. WSL2 での gpg-agent, ssh-agent
  • 2024/06/18
    • 1. WSL で Windows 側のフォントを利用する
  • 2024/06/17
    • 1. WSLとWindowsの時刻同期
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲