平衡点


2013/02/11

_ Hershey fonts は DFSG-free なのか?

よくわからないので, とりあえずココにメモしておく.

Hershey font?

Hershey font は 1967 年に Dr. A. V. Hershey が US Naval Weapons Laboratory にいた時に作成されたベクタフォント. 原論文は

Hershey, A. V. (August 1967),
Calligraphy for Computers, Dahlgren, VA:
U.S. Naval Weapons Laboratory,
ASIN B0007EVKFI,
OCLC 654265615,
NWL Report No. 2101. NTIS AD662398

となっている(原文は手元に無いし, 参照していない).

その後, Usenet でフォントが配布されている. 当時の記事は参照できないのだが, Ghostscript が提供している Hershey fonts for Ghostscript によれば

USE RESTRICTION:
        This distribution of the Hershey Fonts may be used by anyone for
        any purpose, commercial or otherwise, providing that:
                1. The following acknowledgements must be distributed with
                        the font data:
                        - The Hershey Fonts were originally created by Dr.
                                A. V. Hershey while working at the U. S.
                                National Bureau of Standards.
                        - The format of the Font data in this distribution
                                was originally created by
                                        James Hurt
                                        Cognition, Inc.
                                        900 Technology Park Drive
                                        Billerica, MA 01821
                                        (mit-eddie!ci-dandelion!hurt)
                2. The font data in this distribution may be converted into
                   any other format ((*EXCEPT*)) the format distributed by
                   the U.S. NTIS (which organization holds the rights
                   to the distribution and use of the font data in that
                   particular format). Not that anybody would really
                   ,*want* to use their format... each point is described
                   in eight bytes as "xxx yyy:", where xxx and yyy are
                   the coordinate values as ASCII numbers.

とある.

その後 hershey font には幾つか glyph が追加されているものの, ghostscript に同梱されている hershey の改良版は

% Fonts converted from Hershey outlines.  These are constructed and
% maintained manually.  These are also in the public domain.
%
% Fonts created by Thomas Wolff <wolff@inf.fu-berlin.de>, by adding
% accents, accented characters, and various other non-alphabetics
% to the original Hershey fonts.  These are "freeware", not to be sold.

となっており, Debian では non-free 扱いとなっている(なんて事を...).

なんで気にしているの?

Hershey font は幾つかの売り物の描画ソフトウェア - 例えば IDL などでも使われているし, 我が地球流体電脳倶楽部 で作成/公開している DCL - GFD Dennou Library でも使用している.

DCL はいわゆる ancient freeware の類いであり, 「最近 BSD 2-Clause にしようよ」と(主に私が)ライセンスの整理をしている わけですが, そこで「hershey ってどうなってんの?」と 疑問を呈したのがそもそもの発端.

DCL 自体は描画に cairo を使うようになって, システムのフォントを使って直接 PDF を出力できるようになっていたり (福岡大の 乙部さん による改良), RubyDCLGPhys によって, Ruby を使って データの扱いと描画を気軽に/直感的に行なえるようになっていたりする (で, これらを野良パッケージとしてメンテ/公開しているのが私).

DFSG free なの?

ナイーブには「配布に関するの制限なので non-free だよね」だから non-free かな, と考えたのだけれど plotutils - GNU Project - Free Software Foundation (FSF) にも hershey が(フォントデータではなく, それを生成するプログラムとして)同梱されている.

んー...原論文の形式では配布するな, なのか?

はてさて(と, ここに書いてハンドアックスを期待するテスト). d-d@d.o.jp あたりに聞いた方が良いかな.


連絡先など
最近の日記
  • 2024/06/12
    • 1. wsl2 で systemd
    • 2. wslg の設定
  • 2024/05/21
    • 1. GnuPG が 2.2.43 に更新されて, Emacs の EasyPG でファイルが保存できなくなりました
    • 2. 久々に esup を走らせたら
  • 2024/05/10
    • 1. 特定の文字列を含むRubyスクリプトをEmacsで開くと CPU100% で止まります
  • 2024/04/28
    • 1. CF-SR3 での生活環境構築 (できてない)
  • 2024/03/29
    • 1. Debian GNU/Linux on CF-SR3
一覧
2006|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|02|03|04|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2014|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|
2016|02|03|
2017|01|02|03|05|06|07|09|11|12|
2018|03|06|07|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|07|10|12|
2020|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2021|01|02|03|05|06|07|08|09|11|12|
2022|01|02|03|04|05|06|08|10|11|12|
2023|02|03|04|06|08|09|11|12|
2024|01|02|03|04|05|06|
Back to Top ▲